伊豆のホテルや旅館なら伊豆の温泉も楽しめる【ホテルサンバレー伊豆長岡】



お知らせ


ホテルサンバレー伊豆長岡には、世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山の絵画や彫刻・写真などの美術品が、本館をはじめ、各別館の随所に展示されています

 

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 


ホテルサンバレーのメインコンセプト 3つのA ~ aqua agri  そして art ~

 母の胎内のような心地良さを提供する「aqua=温泉」、地場の食材を贅沢に使用した料理を提供する「agri=農業・食事」、絵画や工芸品を展示し癒しの空間を演出する「art=芸術」という3つのAをコンセプトとして、ホテルサンバレーは、1981年に創業致しました。以来、那須・伊豆長岡でホテルを展開し、お客様に快適な環境を提供し、お客様一人々の感動と満足の創造を追求しています。

 「art=芸術」を具現化するため、ホテルサンバレー伊豆長岡では、珠玉の現代日本画や美術品を、館内のあちこちに常設展示しています。本ページは、ご宿泊されるお客様やご宿泊をお考えの方々に、これら珠玉の作品の魅力をご紹介してまいります。

 

ホテルサンバレー伊豆長岡本館をはじめ、各別館に展示されている絵画のうち、本館1階(正面玄関ロビーからあやめ亭・大浴場「夢殿」入口まで)に展示されている絵画をご案内します。

ホテルサンバレー伊豆長岡本館をはじめ、各別館に展示されている絵画のうち、本館1階(正面玄関ロビーからあやめ亭・大浴場「夢殿」入口まで)に展示されている絵画をご案内します。

当館の日本画コレクションの特徴として、世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山をテーマとした絵画が多いことが挙げられます。
葛城山などから望む富士山の美しさは言うまでもありませんが、魂を込めて画家が描き上げた富士山を鑑賞することで、さらに深く、より熱く富士山の魅力に迫ることができます。
これら富士山の絵画を通して、油絵などの洋画とは一味違う日本画の美しさに触れる事ができ、広い意味で日本文化・日本人の良さを再発見できるのではないかと思います。

館内には、富士山の絵画でけでなく富士山を撮影した写真も多数常設展示しております。是非ご覧ください。

  春雪不二 加藤東一…世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山を描いた絵画の銘品   奥村土牛 牡丹   6 漁火 加藤東一
   1 春雪不二  加藤 東一    2 牡丹  奥村 土牛    6 漁火  加藤 東一
  富士 片岡球子 …世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山を描いた絵画の銘品   宝永浅春 岩橋 英遠 …世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山を描いた絵画の銘品   たそがれゆく茶畑 池田遥邨
   10 富 士  片岡 球子    14 宝永浅春  岩橋 英遠    18 たそがれ行く茶畑 池田 遥邨
           
  花 伊東深水   道成寺 鏑木清方   紫式部 上村松園
    19 花  伊東 深水    21 道成寺  鏑木 清方     22 紫式部  上村 松園
           
  富嶽厳冬 木村圭吾 …世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山を描いた絵画の銘品   名峰の譜 木村圭吾 …世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山を描いた絵画の銘品   望郷_木村圭吾 …世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山を描いた絵画の銘品
   30 富嶽厳冬  木村 圭吾    32 名峰の譜  木村 圭吾     36 望 郷  木村 圭吾
           
           
  赤富士図 小松均 …世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山を描いた絵画の銘品   白富士図 小松均 …世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山を描いた絵画の銘品   暁富嶽 鈴木竹柏 …世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山を描いた絵画の銘品
     赤富士図  小松 均      白富士図  小松 均       暁富嶽  鈴木 竹柏
           
  黎明富士_桝田隆一…世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山を描いた絵画の銘品   黎明富士_大山忠作 …世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山を描いた絵画の銘品   富嶽_暁靄_佐藤晨 …世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山を描いた絵画の銘品
     朝明富士  桝田 隆一      黎明富士  大山 忠作       富嶽暁靄 佐藤 晨
           
  三保富士_浜田台児…世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山を描いた絵画の銘品   由比春来_小山硬…世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山を描いた絵画の銘品   雪の富士_片岡球子…世界遺産に登録された芸術の源泉…富士山を描いた絵画の銘品
     三保富士  浜田 台児      由比春来  小山 硬      雪の富士  片岡 球子
           

美の回廊 絵画配置図絵画配置図

展示絵画一例
(本館1階フロントロビーより)

1 春雪不二 加藤 東一
2 牡 丹 奥村 土牛
3 室生寺五重塔 平山 郁夫
4 紙切り・美人一人 西田 青坡
5 夢 殿 濱田 台児
6 漁 火 加藤 東一
7 雲躍る高原 川崎 春彦
8 白 暈 大矢 紀
9 想 市丸 節子
10 富 士  片岡 球子
11 赤富士眺望 片岡 球子
12 雪の富士 片岡 球子
13 桜並木 池田 遥邨
14 宝永浅春 岩橋 英遠
15 夕映え 池田 遥邨
16 風はなにより
もさみしいとおもう
芒の穂
池田 遥邨
17 夜の屋根 池田 遥邨
18 たそがれ行く茶畑 池田 遥邨
19 花 伊東 深水
20 花画一隅 岩橋 英遠
21 道成寺 鏑木 清方
22 紫式部 上村 松園
23 だんだん畑の雪 池田 遥邨
24 丘上の富士 池田 遥邨
25 保津峡 池田 遥邨
26 海 底 池田 遥邨
27 菖 蒲 五十嵐 晴徳
28 神苑桜  木村 圭吾
29 秋想譜 木村 圭吾
30 富嶽厳冬 木村 圭吾
31 名峰の譜 木村 圭吾
32 紅の調べ 木村 圭吾
33 時の鼓動 木村 圭吾
34 花と壷 大矢 紀
35 清韻 木村 圭吾
36 望 郷 木村 圭吾
37 遠月彩映 木村 圭吾
38 松 韻 木村 圭吾
39 古都春麗 木村 圭吾
40 はつなつ 大矢 紀

 

 

 

展示されている絵画の作家をご案内します。

池田 遥邨
岡山県に生まれる。ムンク、ゴヤらの影響を受けながら、日本画を模索。童謡的な風景や広く果てしない絵画世界を展開。画塾「青塔社」を結成。日本芸術院会員。文化勲章受賞。

伊東 深水
東京深川に生まれる。大正3年第1回院展に「桟敷の女」が入選。昭和2年深水画塾(のちの朗明画塾)を設立。23年「鏡」により、日本芸術院賞受賞。44年、日展顧問となる。1972年5月8日歿。同日付けで従4位に叙され、銀杯を賜る。

岩橋 英遠
北海道に生まれる。20才頃まで農業に携わりながら油絵を描く。大正13年、日本画家を志して上京、山内多門に師事。昭和9年第21回院展に「新宿うら」が入選。47年院展出品作「鳴門」により日本芸術院賞受賞。

上村 松園
京都に生まれる。鈴木松年に師事。明治23年、第3回内国勧業博覧会に「四季美人図」を出品。明治33年第9回日本絵画協会・日本美術院連合共進会に出品。銀牌をうけ、画壇での地位を固める。昭和12年皇太后御用画「雪中花」完成。23年、文化勲章受賞。

奥村 土牛
東京・京橋に生まれる。第14回院展に『胡瓜畑(きゅうりばたけ)』が初入選、 32年日本美術院同人に推された。36年の第1回帝展で『鴨(かも)』が推奨第一位になる。44年から51年まで東京芸術大学講師。62年に文化勲章を受章。

片岡 球子
札幌市に生まれる。昭和30年女子美術大学講師就任。昭和64年文化勲章受章。平成4年「画業70年片岡球子展」日本橋三越とパリで開催。「片岡球子画集」(求龍堂)刊行。平成20年1月16日 逝去。

加藤 東一
岐阜市に生まれる。加藤栄三は実兄。東京美術学校日本画科卒。山口蓮春に師事する。日本芸術院会員。日展理事長。1995年金閣寺大書院障壁画が完成。文化功労者。

鏑木 清方
東京神田に生まれる。水野年方に入門。明治42年第3回文展に「鏡」を出品。初入選で褒状を受賞。大正6年、第11回文展に「黒髪」を出品。特選第一席となる。昭和2年、第8回帝展「築地明石町」を出品。帝国美術院賞を受賞。29年文化勲章を受章。

木村 圭吾
京都に生まれる。昭和49年、シェル美術賞展で佳作賞受賞。平成13年、法楽寺障壁画を完成。14年奈良・薬師寺に「散華」を奉納。絢爛とした美意識により華麗な心象世界を描く。

鈴木 竹柏
神奈川県逗子市に生まれる。中村岳陵に師事。昭和31年、第12回日展にて特選・白寿賞受賞。45年、日展評議員となる。63年、第19回日展「気」で日本芸術院賞受賞。現在、日本芸術院会員 日展常務理事。

平山 郁夫
広島県に生まれる。中学三年のときに被爆。仏教世界に題材を求める。48年に東京芸術大学教授。毎年のようにシルクロードを取材。平成9年、文化勲章受賞。14年、ユネスコ親善大使。

小松 均
山形県亀井田村深堀生まれ。土田麦倦に師事。主に最上川を題材にした作品が多い。1986年文化功労者。父・小松梅勇は曹洞宗延命寺の住職。1年余にして父と死別。16歳まで母子で伯父宅に身を寄せる。この頃、神奈川県川崎市へ出て洋服屋の小僧となるが、まもなく帰郷して下駄屋の丁稚となる。再上京し、新聞配達の傍ら川端画学校に通う。晩年は京都市左京区大原井出町に居を構え、大原の風景を題材にした作品を多数残し「大原の画仙人」と称せられた。没後、1990年に、その旧宅に小松均美術館が開館した。鄙びた門には自筆の「萬霊報恩郷」の額が掲げられている。

桝田 隆一
1944年福島県に生まれる。1969年多摩美術大学大学院修了。同大学日本画科助手 森田曠平に師事。院展入選17回、春の院展入選16回。1975年院展奨励賞。1985年春の院展春季展賞。1986年院展日本美術院大観賞。多摩美術大学日本画科教授 日本美術院招待 日本美術家連盟会員。

大山 忠作
福島県二本松市に生まれる。東京美術学校日本画科卒業。1952年日展特選(同1955)1968年文部大臣賞。1973年日本芸術院賞 1986年日本芸術院会員となる。2002年日展審査員。

佐藤 晨
1935年東京都荒川区日暮里に生まれる。1956年多摩美術大学日本画科入学。1957年新制作展初入選。1959年20代作家展招待出品金賞。1979年昭和世代日本画展招待作品。1980年東京セントラル美術館日本画大賞展招待出品。現在、創画会会員。

浜田 台児
大正5年鳥取県に生まれる。昭和9年正條実業補修学校卒業。同10年伊東深水に師事。同16年第4回文展「黄風」初入選。同17年第5回文展「黄流」特選受賞。同55年第11回日展「女辯護士」日本芸術院賞受賞。同62年叙勲四等(旭日小受賞)。

ホテルサンバレー伊豆長岡 トップページ


ホームページ限定特典
ホテルサンバレー伊豆のおすすめプラン

 

周辺情報ブログを見る

 

体内の活性酸素を除去「アンチエイジング・水素水」

 

リラクゼーション&エステ 癒しの楽園・エデン

 

[ご宿泊のお客様へ]チェックインされてからチェックアウトまで、各種温泉を自由にご利用いただけます。

 


ページトップへ戻る

伊豆長岡の温泉・ホテル宿泊

ホテルサンバレー伊豆長岡

〒410-2211 静岡県伊豆の国市長岡659(本館)

ホテルの空室検索・宿泊予約

ホテルの空室状況や、宿泊プランがご覧いただけます。

お電話でのご予約・お問い合わせ

[本館 和楽 悠々館 アネックス] (055) 948-3800 [富士見] (055) 947-3100|[受付時間] 	平日 9:00 ~ 20:00